[P.Cavalazzi - Milano]
 >ようこそ
 > 工房
 > 私の製作した弓

 
 
 
 

工房

製作
 
当工房では、どのような時代の(モダン、クラシック、バロック、ルネサンス...)どのような種類の楽器(実験的な楽器も)のための弓も製作しております。
私の作る弓はどれも一品物です。
モダンの弓の場合、材料には最高品質のフェルナンブーコだけを使っています。フロッグ部分は通常黒檀とシルバー製ですが、リクエスト次第ではゴールドその他の素材も使用します。
バロック及びルネサンスタイプの弓の場合、当時の図像から木部分の材料を探究し、また演奏家、その腕、楽器の種類に応じて最も適したタイプの弓を想定しながら、演奏家とともに木の種類、長さ、径、カーブ、バランス等を選ぶ事になります。この場合も使用される木材は最良の物ばかりです。通常、バロックタイプの弓の場合
スネークウッドを使い、ルネサンスタイプには各地の特産の木材、或いは演奏家の好みの木材を選ぶ事にしています。
1983年6月以降に製作された私の弓にはすべてP.CAVALAZZI - MILANOの署名が入り、ヘッド部分にはドゥオーモのシンボルマークが入っています。
それ以前に製作されたものには、
PIETRO CAVALAZZIとだけ署名が入っています。
保障は無期限で、私の製作した弓ならいつでも私の別の弓と御取り替えいたします。

修復
 
同工房で弓の修復、修理、調整も行っています。
修復はいつでも弓の機能性の回復とともに、オリジナルのスタイルの保存を目指したもので、当工房での 修復についてはやはり 無期限保障 をお約束します

調整            
 
調整作業としては清掃、消耗部分の補填、巻き革、ラッピングの付け替え、そして最後に弓毛の交換を行います。
弓の調整作業は可能な限りその日のうちに 行いますので、演奏家の方は工房に留まって作業を御覧 になられても結構ですし、お休みになられても、或いは私の他の弓を御試しになる事も出来ます。
お越しの際にはお客さま一人一人にお渡ししている fedeltÓ カードを忘れずにお持ちください。
当工房で弓毛を10回張り替えると一回分無量でサービスさせて頂いております。
工房の開業時間は月曜から金曜の10時から18時ですが、あらかじめ御連絡頂ければそれ以外の時間 にお越し頂く事も可能です。





| ようこそ  |  工房 |  私の製作した弓 |